スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - | pookmark |
←prev entry Top next entry→
ラース・フォン・トリアー監督最新作『Nymphomaniac(原題)』の映像クリップとティザーポスターが公開

ラース・フォン・トリアー監督の本番ありのポルノ映画『Nymphomaniac(淫乱女)』の映像クリップとティザーポスターが公開されました。

一人の女性の誕生から50代までの性生活を赤裸々に描く。


監督は『アンチクライスト』のラース・フォン・トリアー。出演はシャルロット・ゲンズブール、ステラン・サーアスガード、ユマ・サーマン、シャイア・ラブーフ、ウィレム・デフォー、ジェイミー・ベル、クリスチャン・スレーターら。シャイア・ラブーフは、自分が恋人とセックスしている映像をトリアー監督に送って出演を熱望したそう、なお…。

本番ありのハードコアバージョンと、本番無しのソフトコアバージョンが製作され公開される。当初、5月にトリアー監督の母国デンマークで公開される予定だったが、喘ぐ演技をする上半身と、本番演技をする下半身との合成作業が遅れ、12月に公開が延期されるようです。日本での公開は未定ですが、おそらくソフトコアバージョンでの公開でしょうねぇ。

| parkzombie | ゾンビが出てこない映画 | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | - | - | pookmark |
Comment
2013/07/03 5:30 PM posted by: km3000
ボディダブルを使ってCG合成して、経費と時間を浪費するくらいなら、はなからポルノ女優を起用して合成なしのほうがいいんじゃね。

mutekiも真っ青だな。
2013/07/05 2:30 PM posted by: parkzombie
せやな
name:
email:
url:
comments:
Trackback
http://kokoro0zombie.jugem.jp/trackback/727