無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - | pookmark |
『指輪物語』前日譚の第2章『ホビット 竜に奪われた王国』の新しい予告編

邦題を改めた、ピーター・ジャクソン監督『ロード・オブ・ザ・リング』の前日譚の第2章『ホビット 竜に奪われた王国』の予告編が公開されました。

後にフロド・バギンズの養父となるホビット族の青年ビルボ・バギンズは、魔法使いガンダルフの推挙により、ドワーフ王トーリン・オーケンシールドをはじめとする13人のドワーフ族と共に、邪竜スマウグに奪われた彼らの祖国と財宝を奪還するため、はなれ山エレボールへの冒険に出発する。

マーティン・フリーマン、イアン・マッケラン、ケイト・ブランシェット、ヒューゴ・ウィービング、クリストファー・リーら前作の主要キャストが引き続き出演。さらに『ロード・オブ・ザ・リング』で活躍したオーランド・ブルーム演じるレゴラスが再登場。そして今作からの新キャラクターはレゴラスの父で、エルフの王スランドゥイルにリー・ペイス、谷の王バード・ザ・ボウマンにルーク・エヴァンス、ギレルモ・デル・トロらが創作した映画シリーズのオリジナルキャラクターのエルフ族のタウリエル役にエバンジェリン・リリーが演じます。そして王国を奪った竜スマウグの声をベネディクト・カンバーバッチが演じます。







ピーター・ジャクソン監督の『ロード・オブ・ザ・リング』の前日譚の第2章『The Hobbit: The Desolation of Smaug (原題)』は12月13日に全米公開、『ホビット スマウグの荒らし場』改め『ホビット 竜に奪われた王国』の邦題で2014年2月28日公開予定。最終章の第3章『The Hobbit: There and Back Again(原題)』は2014年12月17日に全米公開予定です。

| parkzombie | ゾンビが出てこない映画 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
キアヌ・リーブス主演のハリウッド版忠臣蔵『47 Ronin(原題)』の予告編とポスター

キアヌ・リーブス主演のハリウッド版3D忠臣蔵『47 Ronin(原題)』の予告編とポスター。



吉良上野介に切腹させられた浅野内匠頭の仇を討つべく、大石内蔵助率いる赤穂浪士にキアヌ・リーブス演じる剣の達人の浪人が加わり、47人のサムライたちが立ち上がる…って話みたいです。


監督はリドリー・スコットの後継者候補だったカール・リンシュが長編デビュー。出演ははぐれものの剣の達人カイ役にキアヌ・リーブス、大石内蔵助役に真田広之、吉良上野介役に浅野忠信、浅野家の姫でカイの恋人ミカ役に柴咲コウ、吉良家に使える謎の女ミズキ役に菊地凛子、赤穂浪士の大石主税役に赤西仁、ショーグン役にケイリー=ヒロユキ・タガワが演じています。



当初の制作費が1億7500万ドルであったが、追加撮影だのストーリー変更だのすったもんだで制作費が2億2500万ドルにまで膨れ上がった上、当初2012年11月21日の感謝祭に全米公開だったのが延期、2013年2月8日の興業閑散期に格下げされ全米公開する予定だったが延期、やっぱり年末年始の勝負映画に格上げされ、12月25日のクリスマスに全米公開されるみたいです。日本公開は今のところ未定。

| parkzombie | ゾンビが出てこない映画 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
サンディエゴで開催中のオタクの祭典コミコンにて『Kick-Ass 2(原題)』の長い予告編を公開

サンディエゴで開催中のオタクの祭典コミコンにて『Kick-Ass 2(原題)』のプロモーション・イベントで、4分以上の長い予告編を公開。

↓こちらはレッドバンドトレーラーなので良い子は見ないように

キック・アスとヒット・ガールは普通のティーンエイジャーとして暮らしているが、キック・アスは卒業が迫っても将来やりたいことが見つからない。そこでキック・アスは彼に感化されて生まれた「ジャスティス・フォーエバー」という自称ヒーロー集団に参加することにする。しかしキック・アスが同チームに加わったことで彼に恨みを抱くレッド・ミストがチームを襲い始める。それを止められるのはヒット・ガールしかいない!。

マーク・ミラーとジョン・ロミータ・Jr原作によるコミックの映画化第二弾。前作で監督を務めたマシュー・ボーンは製作に回り、代わって『ネバー・バックダウン』のジェフ・ワドロウが監督と脚本を務める。
前作でキック・アスを演じたアーロン・ジョンソンや、ヒット・ガールのクロエ・グレース・モレッツ、レッド・ミストのクリストファー・ミンツ=プラッセ、ビッグ・ダディのニコラス・ケイジ、ケイティのリンジー・フォンセカら主要登場人物は前作に引き続き出演。今回から新たにジャスティス・フォーエバーを結成するザ・カーネル役でジム・キャリー、レッド・ミストのボディーガード役でジョン・レグイザモが参加する。

『Kick-Ass 2(原題)』は8月16日に全米公開予定。日本公開は今のところ未定。

| parkzombie | ゾンビが出てこない映画 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
チャンベールアクション炸裂『Out of the Furnace(原題)』の予告編

スコット・クーパー監督、クリス・チャンベール主演のクライムサスペンス『Out of the Furnace(原題)』の予告編。

イラク帰りの弟が貧困から抜け出すため、賞金稼ぎに闇のファイトクラブに参戦するが、取り返しのつかない事態に陥り、ムショ帰り兄貴が弟のリベンジに乗り出す話みたいです。


監督は『クレイジー・ハート』のスコット・クーパー。ムショ帰りの兄貴役にクリスチャン・ベール、イラク帰りの弟役にケイシー・アフレック、その他の共演者はゾーイ・サルダナ、ウディ・ハレルソン、フォレスト・ウィテカー、サム・シェパード、ウィレム・デフォーと錚々たる面々。
 
チャンベールアクションが渋く炸裂する『Out of the Furnace(原題)』は11月27日から限定公開の後、12月6月から全米公開。日本公開は今のところ未定。

| parkzombie | ゾンビが出てこない映画 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
大ヒット3Dアニメ『ヒックとドラゴン』の続編の予告編の予告編

片腕ドラゴンならぬ片足ドラゴン『How To Train Your Dragon 2(原題)』のティザートレーラーが公開されました。

前作から5年後のヒックとトゥースレスを描く。


監督は前作に引き続きディーン・デュボア。2014年6月20日に全米公開予定です。

| parkzombie | ゾンビが出てこない映画 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
『マッドマックス』の新しい予告編

トム・ハーディ主演の新作『マッドマックス:フューリー・ロード/Mad Max: Fury Road』の予告編ではなく、2014年にリリースが予定されているゲーム版『マッドマックス』の新しい予告編。



開発を担当しているのは、オープンワールド・アクション『ジャストコーズ』などを手掛けたアバランチ・スタジオ。ジョージ・ミラー監督、トム・ハーディ主演で2014年に公開予定の『マッドマックス:フューリー・ロード/Mad Max: Fury Road』の公開に合わせて発売されるんでしょうなぁ

| parkzombie | ゾンビが出てこない映画 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スパイク・リーによるリメイク版『オールドボーイ』の予告編

土屋ガロン&嶺岸信明が原作の同名コミックをスパイク・リー監督で映画化『オールドボーイ』の予告編。

20年間、何者かに監禁され人質生活を送っていた男が突然解放される…という設定は同じものの、パク・チャヌク監督の『オールド・ボーイ』とは後半の設定が変更されているかも?。

監督はスパイク・リー。オリジナルでチェ・ミンシクが演じたオ・デスにあたるジョー役に『メン・イン・ブラック』でウィル・スミスと共演したジョシュ・ブローリン、その他エリザベス・オルセン、シャールト・コプリー、サミュエル・L・ジャクソンらが出演。

当初はドリームワークスとユニバーサルピクチャーズがリメイク権を獲得し、スピルバーグ監督、ウィル・スミス主演で製作されるはずだったが、勝手に映画化権を売却したとして、原作を出版する双葉社と韓国プロデューサーとの間で訴訟問題が生じ、ドリームワークスとユニバーサルが撤退、結局その後、マンデートピクチャーズが映画化権を獲得しハリウッドリメイクされる運びとなった。

ハリウッドリメイク版『オールドボーイ』は10月25日に全米公開、2014年に日本でも公開予定。

| parkzombie | ゾンビが出てこない映画 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
ブルース・リーが蘇った!?ジョニー・ウォーカーのCM

水のようになれ…ブルース・リーがCGで蘇ったジョニー・ウォーカーのCM


こちらがメイキング映像


Don't think.FEEL

| parkzombie | ゾンビが出てこない映画 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スパイク・リーによるリメイク版『オールドボーイ』の正式なポスター

土屋ガロン&嶺岸信明が原作のコミックを映画化…というよりは、復讐マエストロ、パク・チャヌク監督の『オールドボーイ』の正式なポスター。

以前紹介したポスターは全部ボツになった模様。なおタイトルの文字は、オリジナルでチェ・ミンシクが演じたオ・デスにあたるジョーを演じるジョシュ・ブローリンの直筆だそうです。

スパイク・リーによるリメイク版『オールドボーイ』の予告編は近日公開予定です。



| parkzombie | ゾンビが出てこない映画 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
怪獣VS巨大ロボ『パシフィック・リム』の最終予告編

ギレルモ・デル・トロ監督の大怪獣VS.巨大ロボット超大作『パシフィック・リム』の新しい予告編が公開されました。


地球上に海から襲い掛かる「怪獣」が現れ、人類は滅亡の危機に瀕していた。最終手段として政府は秘密兵器として開発していた、パイロットと神経を接続して動く2人乗りの巨大ロボット"イェーガー"を稼働させる。到底助かる見込みのないこの戦いに、現在は落ちぶれた元パイロットのラリーと、落ちこぼれの研修生であったマコがパイロットとして選ばれてしまう。


監督は『ヘルボーイ』『パンズ・ラビリンス』のギレルモ・デル・トロ。落ちぶれた元パイロットのラリー役にチャーリー・ハナム、落ちこぼれの研修生マコ役に菊地凛子、隊長スタッカー役にイドリス・エルバ、そして奇顔俳優ロン・パールマン、マコの少女時代役を芦田愛菜が演じています。


ロン・パールマン演じるハンニバル・チャウが、怪獣の死骸を切り刻んで集めた皮膚や内臓や骨などを、精力回復や健康増進、万病が治り、願幸運が舞い込む?!といった、胡散臭さ100%なブラックマーケット向けの紹介VTR。


『パシフィック・リム』は7月12日に全米公開、8月9日に日本公開予定です。


| parkzombie | ゾンビが出てこない映画 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |