スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - | pookmark |
超大作ゾンビ映画『ワールド・ウォーZ』の4分を超える新しい予告編

失顔症の疑いがあることを告白したブラッド・ピットの主演最新作、超大作ゾンビ映画『ワールド・ウォーZ』の4分を超える予告編が公開されました。

ゾンビパニックが起きるまでを描いた予告編

アカデミー賞、エミー賞、グラミー賞、トニー賞の4賞すべてを受賞したことがあるメル・ブルックスの息子のマックス・ブルックス原作の大ベストセラー小説の映画化。原作は世界ゾンビ大戦終結後10年を経て、世界各国の生存者の証言から当時の様子を描いたフェイク・ ドキュメンタリーでしたが、今作ではブラッド・ピット演じる国連職員のゲイリー・レーンがゾンビによる世界の終末を阻止するため大活躍します。

監督は『007 慰めの報酬』のマーク・フォスター。ディカプリオと映画化権争奪戦に勝利したブラッド・ピットが主演、その他『アイアンマン3』のジェームズ・バッジ・デール、『LOST』のマシュー・フォックス、『グリーンマイル』デヴィッド・モースらが出演。



脚本家降板のため脚本の書き直しや、度重なる追加撮影などで公開が遅れに遅れましたが、いよいよ6月21日全米公開。日本公開は8月10日を予定しています。PG13指定なのでご家族揃って観れますよ!!。

| parkzombie | ゾンビが出てくる映画 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
ブラッド・ピット主演の超大作ゾンビ映画『ワールド・ウォーZ』のポスターまとめ

失顔症の疑いがあることを告白したブラッド・ピットの主演最新作、超大作ゾンビ映画『ワールド・ウォーZ』のポスターのまとめ。





こちらはバーナー3種



アカデミー賞、エミー賞、グラミー賞、トニー賞の4賞すべてを受賞したことがあるメル・ブルックスの息子のマックス・ブルックス原作の大ベストセラー小説の映画化。原作は世界ゾンビ大戦終結後10年を経て、世界各国の生存者の証言から当時の様子を描いたフェイク・ ドキュメンタリーでしたが、今作ではブラッド・ピット演じる国連職員のゲイリー・レーンがゾンビによる世界の終末を阻止するため、大活躍するお話だそうです。



監督は『007 慰めの報酬』のマーク・フォスター。ディカプリオと映画化権争奪戦に勝利したブラッド・ピットが主演、その他『ローン・レンジャー』のジェームズ・バッジ・デール、『LOST』のマシュー・フォックス、『グリーンマイル』デヴィッド・モースらが出演。

脚本家降板のため脚本の書き直しや、度重なる追加撮影などで公開が遅れに遅れましたが、いよいよ6月21日全米公開。日本公開は8月10日を予定しています。


| parkzombie | ゾンビが出てくる映画 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
アフリカの次はインド!『The Dead 2: India(原題)』の予告編

アフリカの次はインド!。『ゾンビ大陸アフリカン』の続編『The Dead 2: India(原題)』の予告編が公開されました。

アメリカ人エンジニアのニコラスがインドで仕事中にゾンビが発生。妊娠しているインド人の恋人イシャニを救い出すため、300マイルの道のりを疾走する。



監督は前作に引き続きハワード・J&ジョン・フォード兄弟。出演は『007 カジノ・ロワイヤル』にちょっとだけ出てたジョセフ・ウィルソン。邦題は『ゾンビ大陸2インディアン』なんでしょうね。

今のところ、劇場公開の予定はありません。

| parkzombie | ゾンビが出てくる映画 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
アメコミ幽霊刑事映画『R.I.P.D.』のポスターと予告編

ライアン・レイノルズ、ジェフ・ブリッジス主演のアメコミ映画『R.I.P.D.(原題)』のポスターと予告編


ダークホース・コミックから刊行された、ピーター・M・レンコフの原作を映画化。殺されたばかりの警官が「Rest In Peace Department(安らかにお眠りください課)」の幽霊警官チームの一人として配属される。西部時代のガンマン・シェリフとコンビを組んで、自分を殺した犯人を捜すべく奔走する。



監督は『RED/レッド』『フライトプラン』のロベルト・シュベンケ。新人警官役にライアン・レイノルズ、西部時代のガンマン・シェリフ役にジェフ・ブリッジス、その他にすべらない俳優ケビン・ベーコンとメアリー・ルイーズ・パーカーが出演。


 全米公開は3Dで7月19日を予定。日本公開はいま未定。

| parkzombie | ゾンビが出てくる映画 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スペインとイタリアとイギリスのゾンビ映画の予告編

まずはスペイン産ゾンビ映画。『REC/レック』シリーズでお馴染みのフィルマックスが製作した『The Returned』。監督はマヌエル・カルバージョ。


ゾンビ化した人々を治療する「リータン・ユニット」に所属しているケイトは、自分の全てを仕事に捧げていた、なぜならケイトの夫はゾンビになっていたからだ…。


続いてはイタリア産ゾンビ映画。モキュメンタリー風ホラー『The Gerber Syndrome』。監督はマキシミリエン・デジョイエ

インフルエンザとよく似た症状だが、ウィルスは脳に深刻なダメージを与え、患者を凶暴化させる。ヨーロッパで広がるガーバー症候群の患者を追いかけたテレビ・クルーが目にしたものとは…。


最後はイギリス産ゾンビ映画『Zombie Resurrection』。監督はジェイク・ホーキンスとアンディ・フェルプス。

ゾンビが発生してから15カ月後。廃校に逃げ込んだ生存者グループは、死者を蘇らせることのできるゾンビに遭遇する…。




| parkzombie | ゾンビが出てくる映画 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
インドのゾンビ映画『Rise of the Zombie』の予告編

インドのゾンビ映画『Rise of the Zombie』のポスターと予告編です。


自然写真家がゾンビになる過程を描いてるそうです。インド映画ですがゾンビが踊る描写はない模様。ダニー・トレホが出てた『Rise of the Zombies』とタイトルがかぶってるのでお間違いなく。



インドでは4月5日から公開してるようです。

| parkzombie | ゾンビが出てくる映画 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
ファミリー向けゾンビ映画 『ワールド・ウォーZ』の新しいポスター

ブラッド・ピット主演のPG-13指定のファミリー向け超大作ゾンビ映画『ワールド・ウォーZ』の新しいポスター。


アカデミー賞、エミー賞、グラミー賞、トニー賞の4賞すべてを受賞したことがある、大御所メル・ブルックスの息子のマックス・ブルックス原作の大ベストセラー小説の映画化。原作は世界ゾンビ大戦終結後10年を経て、世界各国の生存者の証言から当時の様子を描いたフェイク・ ドキュメンタリーでしたが、今作ではブラッド・ピット演じる国連職員のゲイリー・レーンがゾンビによる世界の終末を阻止するため、大活躍するお話だそうです。原作のファンからは内容が全く違うのでタイトルを変えてほしいの声があるとかないとか。



監督は『007 慰めの報酬』のマーク・フォスター。ディカプリオと映画化権争奪戦に勝利したブラッド・ピットが主演、その他『ローン・レンジャー』のジェームズ・バッジ・デール、『LOST』のマシュー・フォックス、『グリーンマイル』のデヴィッド・モースらが出演。
 
脚本家降板のため脚本の書き直しや、度重なる追加撮影などで公開が遅れに遅れた本作、ようやく2012年12月21日に全米公開が予定されていましたが、パラマウントはトム・クルーズ主演作『アウトロー』を優先するために本作を2013年6月21日に延期した。日本公開は2013年8月を予定しています。


| parkzombie | ゾンビが出てくる映画 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
ドラマ版『ゾンビランド』のポスターが公開

先日紹介した、ドラマ版『ゾンビランド』のポスターが公開されました。


そもそもテレビドラマの企画として立ち上がった『ゾンビランド』ですが、ゾンビのドラマなんて誰が見るんじゃい…ということで劇場映画になったのですが、『ウォーキング・デッド』のヒットで、めでたく?ドラマシリーズとして蘇ることになりました。


映画版でジェシー・アイゼンバーグが演じた主人公のコロンバスはタイラー・ロス、エマ・ストーンのウィチタはマイアラ・ウォルシュ、アビゲイル・ブレスリンのリトルロックはイザベラ・ヴィドヴィチ、そして、ウディ・ハレルソンのタラハシーはカーク・ウォードが演じます。

ドラマといってもテレビシリーズではなく、箱にスマイルでお馴染みのAmazon の Prime Instant Videos から各エピソードが配信されるそうです。3Dで公開される予定だった続編は流れて、ネット配信ドラマか…。

| parkzombie | ゾンビが出てくる映画 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
たのしい世界ゾンビ紀行 ワールドワイド・オブ・ザ・デッド

本日、池袋文芸座で「たのしい世界ゾンビ紀行 ワールドワイド・オブ・ザ・デッド」と題したゾンビ映画4本立てのオールナイト上映が開催中!

上映タイトルはイギリス産の『ロンドンゾンビ紀行』、キューバ産の『ゾンビ革命〜フアン・オブ・ザ・デッド〜』、台湾産の『Z108地区〜ゾンビ包囲網〜』、西アフリカのブルキナファソとガーナでロケしたイギリス産『ゾンビ大陸 アフリカン』。一晩で世界のゾンビ映画を楽しめるというナイスな企画であります。札幌でもやらないかな。

『ロンドンゾンビ紀行』


『ゾンビ革命〜フアン・オブ・ザ・デッド〜』


『Z108地区〜ゾンビ包囲網〜』


『ゾンビ大陸 アフリカン』


| parkzombie | ゾンビが出てくる映画 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
ドラマ版『ゾンビランド』の写真が公開

ドラマとして蘇った『ゾンビランド』の写真が公開されました。



そもそもテレビドラマの企画として立ち上がった『ゾンビランド』ですが、ゾンビのドラマなんて誰が見るんじゃい…ということで劇場映画になったのですが、『ウォーキング・デッド』のヒットで、めでたく?ドラマシリーズとして蘇ることになりました。

映画版でジェシー・アイゼンバーグが演じた主人公のコロンバスはタイラー・ロス、エマ・ストーンのウィチタはマイアラ・ウォルシュ、アビゲイル・ブレスリンのリトルロックはイザベラ・ヴィドヴィチ、そして、ウディ・ハレルソンのタラハシーはカーク・ウォードが演じます。どんな俳優さんかよく知りませんが、きっとテレビ界では有名なんでしょ…きっと。

ドラマといってもテレビシリーズではなく、箱にスマイルでお馴染みのAmazon の Prime Instant Videos から各エピソードが配信されるそうです。3Dで公開される予定だった続編は流れて、ネット配信ドラマか…。




| parkzombie | ゾンビが出てくる映画 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |